労働環境と悩みについて

喫煙に関する労働環境でのよくある悩み

職場での労働環境の悩みとして、タバコの煙を気にしている人は多い。
タバコは嗜好品として社会に広く浸透しているが、一方で健康問題が危惧されている。
タバコを吸っている本人だけでなく、タバコから発生する副流煙が周囲の人たちに与える影響は無視できるものではない。
近年ではタバコの煙の問題が認知され、各職場で全面禁煙化を進める動きが活発化している。
そのため仕事の環境は少しずつ良くなりつつあるが、それでも現実にはタバコの煙で困っている労働者は実際には多くいる。
そこでもし働いている職場でタバコの煙に悩んでいるようであれば、我慢を続けるよりも勇気を出して問題を提起することが望ましい。
確かに中には職場の禁煙化を快く思わない喫煙者もいるため、彼らに気を使って禁煙を言い出しにくいかもしれない。
特に上司が喫煙者であった場合には、職場の禁煙を提案するのは勇気が必要となる。
それでも悪い労働環境の中で仕事を続けるのは限界があり、タバコの煙による直接的な健康被害だけでなくストレスによる心身への影響は無視できない。
勇気を持って職場での禁煙を提案すれば、タバコの煙の悩みは解決の方向へ進む可能性がある。
頼りになるのは同じ職場で働く同僚であり、もしかすると同じようにタバコの煙について悩みを抱えているかもしれない。
たとえ一人の力だけでは労働環境を変えることが難しくとも、仲間が団結して問題を提起すれば職場の状況変化に期待ができる。