労働環境と悩みについて

診療科目よって労働環境には大きな差がある

小規模なクリニックなら仕事の種類はそう多くないかもしれないが、総合病院のような大規模な施設ともなると、複数の診療科目を抱えているのが普通だ。
診療科目によっては、業務の内容が大幅に変わってくる。
外科なら手術に立ち会わなければならないケースも多く、血を見る機会も少なくはないだろう。
逆に内科なら、血を見ることはほとんどないはずである。
手術の補助のようなハードな仕事も少ないので、多少精神的にもゆとりが出るだろう。
小児科は子供の相手をするのが仕事のメインであって、それなりに大変なことも多い。
このように、診療科目によっては労働環境も違ってくる。現在の環境で悩みを抱えているなら、別の診療科目に移動させてくれと病院側に申し出るのも悪くはない。
病院側も、ある程度なら診療科目の変更を認めてくれる。
医療スタッフがより活躍できるように、病院としても取り計らってくれる時代だからだ。
もしも現状に満足ができない場合は、異動の申請をするのが正解だ。
自分に合った労働環境が手に入れば、毎日ストレスフリーで楽しく仕事がしていける。
長く医療スタッフとして現場で働き続けられるかどうかも、理想と現実のミスマッチをいかに減らせるかにかかっているわけだ。
理想としては、採用時に自分に合った診療科目を選択するのが一番だ。
看護学校に在籍している間から、自分にはどの診療科目が向いているのか真剣に考えておけば、ミスマッチが起こることも少なくなる。